FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞠華三十番神 十日!

おはようございます。飯店総務・べるずです。
「2018マリカ月間 鞠華三十番神」10日目です。

遂に、マリカ月間の最重要日 マリカ記念日を迎えました!

ツイッターでの #2018マリカ月間 タグをつけての投稿、宜しくお願い致します。 


それでは、栄光ある本日の登場人物はこちらでございます! 
 

十日 「天照皇大神」  

栄えある十日目は「天照皇大神」でございます。 
このイラストは線画の状態でして、これに色を付けたものが 
16日のミカド大会に於いて公開される予定となっております。 
 
『古事記』においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)
『日本書紀』においては天照大神(あまてらすおおかみ、あまてらすおおみかみ)
と表記されています。別名は大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)とも。

神社によっては、
大日女尊(おおひるめのみこと)
大日霊(おおひるめ)
大日女(おおひめ)
とも呼ぶようです。

『古事記』においては「天照大御神」という神名で統一されているのに対し、『日本書紀』においては複数の神名が記載されています。伊勢神宮(※)においては、通常は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、あるいは皇大御神(すめおおみかみ)と言い、神職が神前にて名を唱えるときは天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)と言うそうです。天照皇大神は太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)・日本国民の総氏神とされています。

『日本書紀』でスサノヲが姉と呼んでいること、武装する前に髪を解き角髪に結び直す(平素には男性の髪型をしていなかったと考えられる)こと、機織り部屋で仕事をすることなど女性と読み取れる記述が多いこと、別名に女性を表す言葉があることなどから、古来より女神とされているようです。


詳しくはこちら(Wikipedia) 
 

鎮座地:三重県伊勢市宇治館町1 神宮 

 
※「伊勢神宮」とは通称なので、正式には地名が付かない「神宮」が正しい。
スポンサーサイト
プロフィール

マリカ飯店事務局

Author:マリカ飯店事務局
マリカ飯店事務局は、Shinオーナー猊下・べるず総務・しおん事務局員の3人で運営しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。